HOME » 結婚式に電報を送る際のマナーを知っておこう

結婚式に電報を送る際のマナーを知っておこう

結婚式への電報の送り方や気をつけるべきマナーを紹介しています。

結婚式に電報を送ろうと思ったら…

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭はもちろん、出産祝いや入園・入学祝いなど、様々な場面で送られることの多い電報。フォーマルな場に送り手の気持ちを届ける手段の一つとして定番となっている電報ですが、手紙やメールとは異なるマナーがあることを知っていましたか?

以下では、特に送られることの多い結婚式の電報について、送る場面や送り方、よく使われる文例など、押さえておくべき5つのポイントを紹介しています。これさえ読めば安心して、手軽にメッセージを届けることができますよ♪

結婚式に電報を送るのってどんな時?

一般的に結婚式に電報を送るとされている5種類の場合を紹介します。

個人(または数人の連名)として送るとされている場面

  • 結婚式に招待されたが、出席できない場合
  • 結婚式に招待されていない親せきや、付き合いのある友人
  • 同僚や上司の結婚式(同じ部署や同期グループ数人で連名にすることが多い)

会社として送るとされている場面

  • 社員が結婚するが、社長が結婚式に出席しない場合
  • 付き合いの深い取引先の社員が結婚する場合

完ぺきな祝電を送るためのマナー講座

それでは、結婚式の電報の正しい送り方を見ていきましょう。

電話やネットで気軽に申し込めます

報と言えば、少し前までは電話で申し込むというイメージが一般的でしたが、近年ではインターネットを使ってPCや携帯、スマホから簡単に申し込むことができます。電報業者のWEBサイトを見てみると、シンプルなデザインの台紙で送れるものから、和紙や金箔などをあしらったデザイン、キラキラ光るビジューをちりばめたデザインなど様々なパターンの台紙から選ぶことができます。また、メッセージだけでなく、ぬいぐるみやお花などを一緒に添えて届けてくれるサービスも充実しています。

送り先・宛名

結婚式に電報を送る場合、通常は挙式会場か披露宴会場に直接送るのがマナーとされています。結婚式に送られた電報は、披露宴の最中に読み上げられることが多いためです。ただし、近年ではぬいぐるみ電報やカタログギフト電報などの、比較的大きな贈り物を添えた電報も増えてきています。そのような電報を送りたい場合は、新郎新婦の持ち帰りの手間を気遣い、直接自宅に送ることも「粋な計らい」とされています。

また、宛名は新郎新婦二人の名前を記載するのが一般的です。

電報は前日までに手配が鉄則!

結婚式の電報は、式の始まる1時間前までに届くようにするのが良いでしょう。結婚式の日程が分かっているのであれば早めに手配するのがおススメ。通常、1か月前から申し込みをすることができ、早く申し込むことで割引がある場合もあります。また、当日配達を申し込むこともできますが、地域によっては当日に届かなかったり、割高になる場合もあるため、遅くとも前日までには申し込むようにしておきましょう。

電報のメッセージに使ってはいけない表現がある?

電報を送る際にもっとも注意したいのが、「忌み言葉・重ね言葉」です。結婚式などのお祝いの席では、「別れ」を連想させる表現(忌み言葉)や「再婚」を連想させる表現(重ね言葉)は避けたほうが良いとされています。忌み言葉とされるのは基本的にマイナスのイメージを持つ表現を避ければ大丈夫ですが、「また」「さらに」「ますます」などのお祝いに使いがちな表現も重ね言葉としてタブーとされるため、気をつけましょう。一例ですが、避けるべき表現を以下にまとめています。

  • 忌み言葉
    別れる・離れる・壊れる・終わる・失う・切る・捨てる・しぼむ・割れる・冷える・散る・裂ける・閉じる・帰る・返す・とんでもない など
  • 重ね言葉
    たびたび・かさねがさね・ますます・再び・重々・くり返し・皆々さまなど