HOME » 結婚式電報まるわかりコラム » 結婚式に送りたい和風の電報

結婚式に送りたい和風の電報

かつては緊急性の高い連絡手段として利用されていた電報のサービスですが、今はすっかり結婚式の祝電くらいでしか見なくなりました。
それだけに、生き残りをかけて多くの業者が、様々なサービスを展開しています。
そんな中で何かと注目を浴びる、変わり種電報の中には、特に目を引く和風のものがあったりします。
シックで美しい和風の祝電は、神前での結婚式や白無垢と紋付袴の花婿花嫁と相性がぴったりです。
そんな和風の電報、一体、どんなものがあるのでしょうか。

和風の電報にはどんな種類がある?

一口に和風と言っても、いろいろなものがあります。
シンプルなものだと、台紙が着物の柄のような美しい和柄になっているものがあります。
きれいなものはただそれだけで、受け取るといい気分になれますよね。
披露宴の会場では、招待客の出入りする扉前に配置されたテーブルに新郎新婦の写真や思い出、あるいはもらった電報などを飾って披露することがありますが、和柄の美しく華やかな電報はそうした展示物にも一花添える助けにもなります。
他に和風ものというと、台紙が漆塗りになっているものもあります。
日本の伝統工芸品を使用したものには、和風ならではの艶やかさがあります。
他に伝統品という意味では、金箔を張ったものや、扇の形を模したものなどがあります。
和の心を喚起される意匠の電報は、めでたい宴の席を華やかに彩ることでしょう。

電報と一緒に贈り物を

和風の電報と一緒に贈り物を贈れるサービスもあります。
たとえば、電報の台紙と同じような、日本の伝統工芸を使ったものです。
例えば切子のペアグラスや、金属製のタンブラーなどです。
結婚式が終わり、新生活をスタートさせる新婚夫婦。そんな時に日常の中で使うことができて、さらに結婚式の思い出としていつまでも残り続けるでしょう。
何かと最近、話題になる日本の伝統技術や工業力の結集したアイテムですから、新婚夫婦の生活の下支えをしてくれること間違いなしです。
他に和装をしたマスコットの人形などを祝電に添えることができます。
通常、店舗などでは販売していない、特殊な和装をしたマスコットたちは、夫婦の新居に彩りを与えてくれるでしょう。もし、それらのキャラクターアイテムを収集しているなら、さらに喜ばれることでしょう。

神前式の場合に気をつけたいマナー

神前の式のマナーについても見ていきましょう。
神前式は、神道のしきたりに則って行われる結婚式です。
最近では教会式の結婚式を行うカップルも多いようですが、やはり未だ神前式で行うカップルも国内では2割近くを占めていると言います。
そんな神前式、服装などのマナーについては通常の結婚式とそう変わりはありません。和装でなくてはならないなどの決まりはありません。女性であれば花嫁よりも華美で派手な格好をしないこと、肌の露出は少な目にすることなどです。ノースリーブなどのドレスを着る場合は、ストールなど肩を隠すアイテムは必須です。
神前式には、神前ならではの決まった流れでの儀式の所作があります。ですから、途中から参加することはできないので、遅刻しないように気をつけましょう。
また神社での結婚式の場合、靴を脱いで上がる場合がありますので、かならず靴下は着用しましょう。
それから、神前に限らず結婚式では、無用な私語は慎みましょう。

まとめ

衣装などでも、女性ならば白無垢や色打掛、文金高島田や和小物、男性ならば紋付き袴と、日本人ならではの和装も欠かせない結婚式。
送るお祝いも、和の心を込めた特別なものだと、式をぐっと引き立てて、ささやかながらにも場を盛り上げてくれるのではないでしょうか。
新郎新婦にとっては一生に一度の大切で特別な日だからこそ、それをお祝いする立場としてはそれに水を差すようなことなく、相手に気持ちよくその日1日を過ごしてもらえるよう、気にかけたいものですね。