HOME » 結婚式電報まるわかりコラム » 結婚式で電報をもらったときの対応

結婚式で電報をもらったときの対応

結婚式や披露宴に直接出席してくださった方々には、それぞれお礼を伝えることもできますし、いただいたご祝儀に対しても引き出物という形でお返しをすることができます。
しかし、出席できずに電報でお祝いをいただいた場合はどのような形でお礼をすべきなのか、迷う方も多いのではないでしょうか。
電報も立派なお祝いの品です。
祝電をもらったらきちんとした形でお礼をすべきですが、どのような形でお礼をするのが正しいのでしょうか。
それぞれ三つの例を挙げて紹介していきましょう。

お手紙でお礼

ではお手紙でのお礼方法から紹介します。祝電も手紙のようなものなので、手紙で返すという方法は一番ベストかもしれません。
まずは電報をいただいたことへの感謝の気持ち、お礼の言葉を述べましょう。
そして、今後の結婚生活を安心してもらえるような一言もあるとなお喜ばれると思います。
送っていただいた方との関係性を重視して、言葉づかい等も気を付けなければいけません。
冒頭は「拝啓」から始まり、締めは「敬具」で終わるような、頭言葉と結び言葉を使ったり、季節の挨拶文などを入れたりすると、より一層常識的で丁寧な内容として伝わるはずです。
また、祝電自体はどちらか片方の宛名で届いたとしても、手紙の送り主は夫婦連名で記入するようにしましょう。
結婚式終了から手紙を出すまでの期間が少し空いてしまった場合は、その旨も一言添えるといいでしょう。

電話でお礼

電話でお礼を伝えることも可能です。
特に、結婚式の後は新婚旅行や引越し作業などで忙しくなる、という方はまずは電話でお礼を伝えるようにしましょう。
どんなお礼でもそうですが、あまりにも時間が空きすぎることはあまり好ましくありません。
忘れた頃に手紙などを送るよりは、すぐに電話をすれば喜んでもらえるものです。
電報へのお礼など、伝える文言は手紙の時とほぼ変わりませんが、何よりも直接話せることで相手側も嬉しいでしょうし、久しぶりに話すのであれば思い出話が弾んだりするかもしれません。
また、相手が忙しい場合も想定されますので、そういった場合はメールで伝えることもひとつの方法です。
繋がらないからと言って何度も着信を残すのも非常識ですし、結婚式からだいぶ経った後に電話することもあまりおすすめできません。
あまり時間を空けずにすぐにお礼を伝えることがマナーでもありますので、都合が付かない場合はメールを送ってお礼を伝えましょう。

お礼の品を送る

また、品物を送ることもお礼のひとつの方法です。
ですが、プレゼントの内容には少し気を付けなければいけません。
御祝儀などの金額と比較すると、祝電にはそれほどの金額は掛かっていないというのが事実です。
その祝電に対するお礼ですので、やはり金額的にも相当するものを選ぶ必要があります。
もし、あまり高価なものを送ってしまっては相手が気後れしてしまいます。
「お礼に送った品物に対するお礼の品」がもしかして返ってきてしまうかもしれません。
相手が気を遣わない程度のプレゼントを選ぶようにしましょう。
基本的には手紙や電話で十分ですが、ギフト付きの電報なども最近多いので、そういったものをもらったら品物で返す、くらいの気持ちでいいと思います。
商品券やちょっとした日用品などであれば使い道も多いので喜ばれるのではないでしょうか。

まとめ

電報と言えども、お祝いしたいという気持ちが込められていることには違いありません。
それに対するお礼は必須です。
よく、ゲストに来てくれた方にだけ後日お礼を伝えたりする方がいますが、祝電を送ってくれた方や違う形でお祝いをしてくれた方々のことも忘れてはいけません。
ですが、電報に関しては大げさに捉える必要はなく、基本的には手紙、電話、メールなどで感謝の気持ちをきちんと伝えれば大丈夫です。
少し高価なギフトが付いた電報などをいただいた場合は、相当のお返しをしても構いませんが、相手が恐縮するような高価なものは避けるようにしましょう。
まずは感謝の気持ちを伝えることです。