HOME » 結婚式電報まるわかりコラム » 結婚式の電報は何日前に送るのがべスト?

結婚式の電報は何日前に送るのがべスト?

結婚に対する意識が変化する中で、祝電も大きく変化しています。色とりどりの華やかな台紙に文字数が多いメッセージ、会場に飾ることができるバルーンやぬいぐるみを添えられるギフト付きなど、送る人の気持ちと受け取る人の都合に柔軟に対応する電報サービス会社が増えてきました。発送にかかる日数もまたたく間に短縮され、今では最短で式の3時間前まで注文が可能になりました。とはいえ、制約があるサービスなので、すべて即日対応とはいきません。では、どれくらい前に注文すればよいのでしょうか。

電報を送るなら結婚式の日時を考慮する

電報を注文できる期間は、到着日の1カ月前~前日までが一般的です。本来は結婚式の前日に会場へ到着させるのがマナーなので、到着日の3日前までには手配を済ませましょう。北海道や沖縄、離島などは時間がかかりますので、送付先により、もっと早く注文する必要があります。季節によっては気象条件などで配達に遅れが出る可能性もありますので、注文忘れなどのうっかりミスを防ぐためにも、万全を期して、注文ができるようになる1カ月前の時点で手配するのがお勧めです。大切なお祝いのメッセージなので、万が一の出来事にも対応できるように、余裕を持って手配したいものです。急に送らなければならない時は、即日発送のサービスを利用しましょう。即日発送は、対応可能なエリアや、送ることができる祝電の種類が決まっているので、注文前にしっかりと確認してください。

電報は何日前までなら申し込みに間に合う?

結婚式の1カ月前から注文できる電報ですが、離島や山間部を除き、かなり広い範囲で当日発送が可能となっています。最短で式が始まる3時間前まで注文できますが、東京、名古屋、大阪、福岡、札幌の一部地域限定となっています。当日や3時間前の発送が可能でも、注文はサービス会社の営業時間内でなければなりません。特に札幌では、冬場の気象条件に注意しましょう。当日発送は対応可能な台紙やギフトが決まっているので、注意が必要です。気に入った台紙やギフトがあるなら、何日前まで発送が可能かを、注文前に確認すると良いでしょう。安心して思い通りの祝電を送るためには、ギリギリの注文はご法度です。祝福するために電報を送るのに、お祝いの席に水を差してしまったら取り返しがつきません。急に発送しなければならないイレギュラーな場合を除き、できるだけ早く注文するよう心がけてください。

電報を送る最適なタイミングとは

お祝いの気持ちを伝える大切な贈り物ですから、一般的に電報を注文できるようになる結婚式の1カ月前がベストです。この時期なら、好みのスタイルの祝電を数多くの中から選ぶことができますし、メッセージの文面をじっくりと考えることができます。受け取る側にとっては一生に一度の大切な一日ですから、早ければ早いほど安心です。どうしても早く送れないなら、最低でも式の3日前までに注文してください。このタイミングでは、送ることができない地域や祝電のスタイルもあります。即日発送は、必ず到着するとは限りません。式に間に合わなければお祝いムードが激減してしまうので、1日でも早く注文しましょう。また、最近では司会者がいないために、祝電の読み上げを行わないスタイルの式もあります。その場合は新居や実家へ発送するので、新郎新婦に確認しておきましょう。

まとめ

デジタル通信の普及で、電報の注文方法は電話から簡単なインターネットが主流となり、発送可能な時間もどんどん短縮されています。けれど、今も昔も、お祝いの気持ちをメッセージに込めて送ることに変わりはありません。大切な祝福の言葉が、結婚式の当日に必ず到着するよう、早め早めに行動しましょう。早期の注文は割引をしてくれる会社があるので、せっかくならお得な特典を利用してください。新郎新婦の笑顔のために、できることからクリアしていくのが賢明です。

  • 転職サイトEXPO