HOME » 結婚式電報まるわかりコラム » 結婚式の電報は事前に連絡した方が良い?

結婚式の電報は事前に連絡した方が良い?

結婚式に祝電を送る場合には、事前に連絡をいれておく必要があるのでしょうか?
招待してもらったけれども、何かしらの事情で当日出席することが出来ない場合、新郎新婦にはその旨を早めにきちんと連絡します。
出席は出来なくても、お祝いの気持ちは伝えたいからと祝電を送ることを決めた場合、それを事前に新郎新婦に伝えておく必要はあるのでしょうか?
伝えておかないと迷惑にあたる場合には事前に伝えておくべきかと思います。その見極めの仕方についてご紹介していきます。

連絡する場合はどんな時?

出席できない結婚式に、電報を送る際には事前に新郎新婦に連絡をいれておく必要があるのでしょうか?基本的には、電報を送るという連絡は必要ありません。
出席できない旨を連絡する際に話の流れで電報を送るということを伝えることはあっても、わざわざ送るということを伝える必要はありません。
わざわざ連絡することで、新郎新婦は気を遣わせてしまったのかなというように思ってしまうかもしれません。
お祝いのメッセージですので、送ってもらって迷惑に感じる人などいないはずです。気持ちを込めて送ってあげれば何の問題もありません。
ただ、最近多くなってきているバルーン電報やおおきなぬいぐるみ電報の様に大きい物、場所をとるものや受取りが大変なものを送るのであれば、受取りの体制もありますし飾るスペースの確保などもありますので、事前に一報をいれておいたほうがよいです。

どんな内容を伝える?

もし当日結婚式に参加できないからと電報を送ことにして、それを新郎新婦に事前に伝えるのであれば、どういった内容を伝えておけば良いのでしょうか?
電報の形状によって、飾るスペースが必要なものであればそれを伝え、大きなもので受け取りに人が必要なものであればそれを伝えます。
連絡を入れておかないと、受け取りの際に不都合が生まれてしまったり、問題が起きてしまったりするような場合にはその旨をきちんと連絡するべきでしょう。
結婚式当日は、新郎新婦も会場のスタッフの方も非常にばたばたして忙しいです。
そんな中で自分が送った祝電のせいで手を煩わせてしまうのはとても申し訳ないですよね。
後は、披露宴の開催場所や開催日時を間違えてしまうと大変なことになりますので、事前に祝電を送るということを伝えるのであればそれも一緒に確認しておくと安心です。

連絡しない場合はどんな時?

結婚式に祝電を送る際には、基本的に新郎新婦に事前に伝えておく必要はありません。
お祝いのメッセージですので、受け取って迷惑に思ったり嫌な気分になったりするということはほとんどないはずです。
祝電を送る時に、相手側に連絡をしないと失礼にあたるということはありません。
それよりも思ってもみなかった人から届くということはサプライズになり、余計に喜ばれることが多いです。
また、結婚式が近くなると新郎新婦は準備などで非常に忙しくバタバタしています。
そんな時に連絡をしてもらっても少し迷惑でしょうし、余計に気を遣わせてしまうかもしれません。送る電報の件で何か心配ごとがある場合や、確認したいことがある場合を除いては事前にわざわざ伝えない方が良いです。

まとめ

招待された結婚式に出席することができない場合や、招待されていないけれどもお祝いの気持ちを伝えたいという場合には電報を送ることを考える人が多いかと思います。
電報を送る際には、事前に新郎新婦に連絡を入れておく必要はありません。
連絡をいれずに送ったからといって失礼にあたるということはありませんし、むしろ想像もしていなかった場合にはサプライズになってとても喜んでくれることでしょう。
ただ、送るものの形状によって事前に伝えておかなければ迷惑がかかってしまうような場合や、開催日時や会場の確認がきちんとできていない場合には事前に確認しておくようにしましょう。

  • M&A仲介会社・手数料・基礎知識の紹介サイト