HOME » 結婚式電報まるわかりコラム » 結婚式の電報を書く際の必要事項は何?

結婚式の電報を書く際の必要事項は何?

結婚式に送る電報の宛名はどのように書くべき?
旧姓、それとも今の姓で書くべき?
そもそもどんな言葉を送るべき?
電報を初めて送る場合は、何もかも分からないことばかりです。
文についてばかりでなく、台紙や贈り物選びについても知らないことは多いですよね。
果たして、どのような電報を送るのがベストなのでしょうか。
最低限に知っておきたい必要事項を、以下にまとめてみました。
大人としてぜひ知っておきたいマナーです。
是非ご一読ください。

まずは電報を受け取る方の名前

電報を打つ際の必要事項の一つに、宛名書きの注意があります。
どんな場合もそうですが、宛名が間違っていれば受け取り手側からすると、決して気分の良いものではありません。
たとえ豪華な演出を施していたとしても、名前の間違いはそれだけ大きく、後を引きます。
結婚式の場合は特に新郎新婦二人の連名で送るのが一般ですが、どちらか一方しか面識がないなどの場合であれば、新郎新婦どちらかの名前だけで送ることも問題ありません。
どちらの場合であっても、相手の名前を間違いなく記入する必要があります。
また、新郎新婦が既に籍を入れていれば姓が変わっているかと思いますが、その際は旧姓で送るのが慣例です。
送り主の名前も会社名の表記も省略せずに書くのが一般的ですが、あまりにも長くなる場合は、受け取り手が分かる形の範囲ならば省略しても構いません。

お祝いの言葉はオリジナルが吉

電報に必要な事項といえば、何といっても送る文が挙げられます。
どれだけ仲の良い人に送る場合であっても、祝電の言葉には悩むはずです。
結婚式に送る場合は、定例文もあるため、それらを参考にしても構いませんが、大事なことは初めから終わりまで定例文だけの言葉にはせず、オリジナルの言葉もしっかりと添えるということです。
例えば職場の人の結婚式であれば、あまり砕けた言い回しは出来ないですが、定例文の間にその人のエピソードや思い出話なんかも織り交ぜ、和やかな文を心がけましょう。
友人であれば少し砕けた言い回しで楽しい文を送っても構いませんが、ハレの結婚式場、親戚や会社の人もたくさんいる場ですので、あまりにもふざけた文を送ってしまうのはNGです。
会場に居る送る相手の表情を想像しながら、爽やかな演出となるような言葉を選びましょう。

電報の打つ際の注意点

電報を打つ際に注意しておきたい事項がいくつか存在します。
例えば文面について。
当人同士のエピソードを盛り込むのはいいですが、あまりにも踏み込みすぎる内容はNGです。
文の最初に、出席出来なかったことへの詫びを一言添えておくのがマナーです。
文字数にも気を付けましょう。長すぎても場が白けますし、短すぎても薄情なイメージを与えます。
バランスの良い文を心がけてください。
台紙や贈り物については、相手との関係性を重視しておく必要があります。
例えば会社の上司への電報に、突拍子のない派手な台紙や贈り物を贈ると常識無く思われてしまいますよね。
相手との距離を測るようにしましょう。
送るタイミングは大抵、前日までがベストです。
あまりに早く届きすぎるのも会場への迷惑になるので気を付けましょう。
当日に届けても構いませんが、なるべく結婚式が始まる数時間前までには届けておきたいところです。

まとめ

電報を打つ際には、様々な事項に注意しておく必要があります。
マナーや常識を知らずに祝電を送ってしまうと、相手に不快な気持ちを与えてしまい、たとえお祝いしたい気持ちがあっても全く意味がありません。
もちろん、慣例以上に如何に心がこもっているかが贈り物をする上では何よりも重要ですが、その前に社会人として最低限のマナーを知っておく必要があるのです。
結婚式場の雰囲気を壊さず、そして素敵な電報を送れるよう、十分心がけましょう。