HOME » 結婚式電報まるわかりコラム » 人気のバルーン電報で結婚式を彩る

人気のバルーン電報で結婚式を彩る

バルーンは人を楽しくて幸せな気分にさせてくれます。
子供の頃、遊園地で配っているバルーンをもらって家に持ち帰り、翌朝になってしぼんでいて悲しくなった思い出がある人も多いのではないでしょうか。
そんな遊園地のイメージもあるからか、見ているだけでもとワクワクしますよね。結婚式の電報にも添えて送れば、結婚式に参加する人たちを楽しい気分にし、式を盛り上げることができるでしょう。
そんな人気のバルーン電報について、いろいろと見ていきましょう。

多くの種類があるので楽しく選べる

バルーン電報の特長は、なんといってもその種類の多さだと思います。
いろいろな色、デザイン、フォルム、テーマのものが用意されているので、贈るほうも楽しく豊富なラインナップを見て選ぶことができます。
バルーンと聞くと、まず丸い形のものを思い浮かべると思いますが、そのほかにも結婚式にピッタリのハートの形や、相合傘を表す傘の形、リングを表すドーナツ形、丸い大きなバルーンの中に、小さなバルーンがたくさん入ったスノードームのようなものなどもあり、選択肢がたくさんあるので、結婚式の雰囲気に合ったバルーンがきっと見つかるでしょう。
中には人気アニメのキャラクターのデザインのものもあるので、新郎新婦の好みに合わせて選んであげると、とても喜ばれると思います。
どれも可愛くて目移りしてしまいますね。

コスト面でもとても優秀

バルーンは全高が2メートル近くあるものが多いので、それだけ大きなものならばお値段も相応に高いのでは、と考えてしまう方もいらっしゃると思いますが、コスト面でも優秀です。
もちろん一万円を超える、凝りに凝った芸術作品のようなものももありますが、結婚式の電報で贈るならば、ただ単に豪華なものではなく、雰囲気に合ったものを選んだほうが良いはずです。
例えば身内だけのこじんまりした結婚式ならば、それに合わせてあまりゴテゴテしていない、柔らかくてアットホームな雰囲気のものが人気で喜ばれるでしょう。
バルーン電報は種類が豊富な分、お値段も幅があって、5000円以内で抑えられるものもたくさんあります。
みなさんにとって高すぎず、安すぎずちょうど良いお値段のものがきっと見つかるはずです。

後処理も簡単で楽!

バルーン電報は、残念ながら長期間鑑賞できる贈り物ではありません。
しかし、2メートル近いものをずっと家で飾っておけるわけもなく、もらう側の本音としては、むしろ早い段階でしぼんでしまったほうが良い、という声も少なくないと思います。
しぼんでしまったら処分をしなければいけませんが、そのほかの電報のオプションに比べて簡単で楽かもしれません。
しぼんだビニールをたたんで然るべきゴミ箱へ入れるだけですから、処分はすぐに終わります。
なにより、貰い物としてのしがらみが、フラワー電報や絵本電報やその他の贈り物よりもあまりないのも処分のしやすさの理由の一つかもしれません。
結婚式でみんなを楽しませてくれる人気のバルーン電報は、短期間でその役目を終えてしぼみます。
一番最後の処分が楽なのは、新郎新婦にとってはありがたいはずです。

まとめ

数ある結婚式の電報の中でも、人気のバルーン電報の種類の豊富さは随一です。
色やデザインだけではなく、値段の選択しも多数あるので、きっと予算内のものが見つかるでしょう。
いずれはしぼんでしまいますが、後処理が簡単で楽なので新郎新婦の手を煩わせることもありません。
たくさんのメリットがあるバルーン電報ですが、やはり一番は結婚式を最高に盛り上げてくれるその存在感でしょう。
お祝いの気持ちを存分に表現したいならば、バルーン電報はおすすめです。

  • 転職サイトEXPO